最近発見された昆虫「ニホンイキリムシ」の特徴とは

  • 常にグラサン
    0
  • シャドーをやたらする
    0
  • お母さんに偉そう
    0
  • SASUKEで無双してる
    2
    • 黒虎に入れてあげよ
    • 誰のこと言ってるん?
    2点。 虫だからできるっていうだけのことなのに、イキってて良いです。あと一歩、明らかに「イキってる」とわかるようにすると良い。
  • 「俺センター9割だったわ」
    0
    • 6割やろ本当は
    1点。 イキリの中身が普通です。
  • 「セカイイキリムシ」には弱腰
    2
    2点。 その名付け方はあり得ないですね。良いです。
  • 顔がもうドヤ顔でムカつく
    0
    2点。 シンプルな一点押しですね。人や言い方が見えないのでネットでは不利かも。
  • 始めのうちは新種ということでちやほやされて満更でもないが、だんだん構ってもらえなくなって、人目を憚らずにめっちゃ悲しい顔をするようになる
    0
    • げんきだせ
    • どこのぽっとで
    1点。 後半が惜しいです。悲しい顔をするだけでは弱い。
  • 天涯孤独
    1
    2点。 イキっててそれをやってると思うとバカみたいで良いですね。
  • 食用。天日で干してから、羽と足を取って煎ると香ばしく、雪深い地方では冬の貴重な栄養源となる。
    0
    2点。 イキリムシの特徴、と言っているのに、食材としての扱いや利点を述べているのが良いですね。
  • 一日で体長が50倍になる
    0
    2点。 完全に育ちすぎですね。3日続けば12万5000倍ですからね。規模のバカでかさが良いです。
  • 食用
    0
    2点。 お題を外し具合がちょうどいいですね。「イキリムシ」っつってんのに、主たる特徴が「食べる」ですからね。
  • 色がレインボー
    0
    1点。 イキリ要素としてナシではないですが、ムシとしてレインボーは普通にいますから、そこが残念。
  • においが、発泡スチロール臭い
    20
    1点。 「イキリ」とどう関係があるのか謎です。関係ないもので攻めるなら単体のポテンシャルが必要ですが、これはそんなでもない。
  • 2010年代に入り、スマートフォン・インターネットが普及したことによりなんでもかんでもイキると他人の言動を抑圧するようになったクソ日本人
    0
    1点。 修飾・被修飾の関係が食い違ってませんか?意味がよくわかりません。「なんでもかんでも」はどこにかかっているのでしょう。
  • 2010年代にスマートフォン・インターネットの普及によりなんでもかんでもイキると他人の言動を
    0
    1点。 次が本来の回答だと思いますので、こちらはミスとしておきます。
  • イキるという言葉を使った日本人を全員殺す
    0
    • みんな死ぬやん
    • みんな死ぬやん
    1点。 理不尽さが良いですが、理由が不明すぎます。イキリムシはイキる側と捉えるのが自然。
  • 1本満足バーを2本食べてどや顔する。
    10
    • >1本満足バーを2本、というのは、…→順序としては逆なんですが。。(ニホンイキリムシ→2本→1本満足バー) 
    1点。 1本満足バーを2本、というのは、そこいらの人たちでも思いつきそうな範囲です。それを馬鹿にする方向の意図ならそうとわかる表現が欲しい。
  • インスタバエを見つけると無理してでも飛びつく。
    14
    2点。 必死な感じ良い具合にダサくていいですね。インスタバエを使っちゃうと難易度が上がりますが、この解答はそれを超えてきてると思います。
  • アメリカイキリムシの10分の1しかいきれない。
    3
    1点。 「いきれない」の解釈が複数取れるのが残念。それともわざとですかね。
  • 明るいところに群がるし、暗いところにも群がる。見通しの良い開けたところには群がりにくい。
    1
    • ひらけたとこもいけや
    1点。 丁度いいことを言おうとしてるのは伝わるのですが、意図がわかりません。見通しの良い開けた所に群がらないことが、何故面白いのでしょう。
  • 言葉を使うことができるが、自らの論理が飛躍していることには気づかない。
    4
    2点。 支離滅裂なこと言ってるんでしょうね。「言葉を使うことができるが」の時点でバカな感じが想像されて良いです。
  • カタカナ語を多用するが外来種ではない
    2
    2点。 日本人のくせにカタカナ語を多様するイキリ野郎への揶揄ですね。いいんじゃないでしょうか。
  • 罪の擦りつけと勤労大好き
    1
    • イキリ #とは
    1点。 イキリと合ってないですよねこれ?
  • メスは珍しい。けど価値が高いわけではない
    0
    1点。 イキリと微妙に合っていない感じがあります。
  • イキってるヒトと見た目も行動も同じで見分けがつかない。駆除しようとして間違えてイキリ人間殺しちゃうけど、その殺人は無罪とする法ができたので安心だ。
    4
    3点。 「イキリ人間」で勝った感があります。オチの全然安心じゃない所もプラス要素。
  • ギャッツ"Bee"
    1
    • おしゃれにすな
    1点。 イキる人が使うアイテム、ということでしょうか。だとしても、意図がつかみきれません。
  • 競うように自分の体を切り裂いて死ぬ習性があり、別名ハラキリムシと呼ばれている
    0
    1点。 それはイキリと関係あるんでしょうか。よくわかりません。
  • 鏡に集まる
    1位! 159
    3点。 これ正解じゃないですかね。虫っぽさとイキリの感じを完璧に表現しています。すごい。
  • 英語圏の人が発音すると「ニホニキリムシ」になる
    1
    • よくわからん
    1点。 「だからなんなんだ」という要素を放り込む奴ですね。ちょっと、「だからなに」どまりです。
  • 大きな羽を二枚持っていて、飛ぶそぶりを見せることが多々あるが、実際に飛んでる姿を見た人は1人もいない
    0
    2点。 見せかけだけなんでしょうね。表面的、という所が表現されていて良いです。
  • 外来種には為す術もない
    4
    • 小さいな
    2点。 「イキリ」から感じる雑魚感がきちんと拾われていて良いです。
  • より触角先を遊ばせているオスのほうがメスに選ばれやすい、とオスだけが思っている
    2
    2点。 前半のあるあるもさることながら、後半できちんと皮肉が効いていて良いですね。
  • 外敵や餌環境ではなく世間体を気にして飛ぶ能力を身に付ける
    10
    3点。 まったく「(人以外の)生き物」らしくない理由と、身につける能力のぶっ飛んだ凄さが良いです。
  • 「確かにアメリカイキリムシと交尾したけど、別に大したことじゃねぇってマジで笑」
    13
    2点。 ちゃんとイキっててよいです。
  • 虫には珍しくとても上手に道具を使うことができ、枝で脚を長く、木の実で目を大きく見せる。
    0
    1点。 後半部分のイメージがちゃんと伝わらないのが惜しいです。
  • 虫界の上地雄輔とこおしりかじりむしのリズムで「♪ニホンイキリムシ~」と歌う
    0
    1点。 上地とおしりかじり虫の関連がピンときません。誤字のせいもあって、状況がよくわかりません。
  • 隙あらば『バグズ・ライフ』の2次オーディションの思い出話をしてくる
    7
    2点。 2次程度で粋がってる感じが良いですね。
  • 亜種ナニワイキリムシとの生存競争で淘汰されつつある
    0
    1点。 大阪と戦ってるんですね。ナニワらしさが何かあると良さそう。
  • ジャスティンビーバーとかいうネズミの餌
    0
    1点。 ジャスティンファンを名乗るやつはイキってる、みたいな意図?わかりません。修飾関係も取りにくい。
  • 光沢を抑えてる
    5
    2点。 あえてそうするのが格好いい、みたいなことですね。着眼点が良い。

製作者:岡竜之介 フリックとローマジ -- 日本語入力スピード測定